ススキが秋の風を呼ぶ「ひやおろし」越の誉から新発売

| コメント(0) | トラックバック(0)

越の誉 ひやおろし.jpg

「ひやおろし」は、秋を告げるにふさわしい「旬の酒」です。
夏の酷暑を過ぎて野辺にススキの穂と名月が楽しめる頃

春の新酒がタンクの中で円やかに熟成するのがこの季節です。
酒通が一年で一番酒の旨い!と楽しみにしているのが「ひやおろし」。
その名前の由来は、
普通タンクから出すときにもう一度火入れ(春には一度火入れしています。)を
行うところ、そのまま生で瓶に詰めるから「生詰め」と言われ
秋の生詰めの日本酒が「ひやおろし」です。

その秋を楽しめる「ススキと名月」の図柄そのものの
風情をボトルラベルでも表現されています。

冷でも燗でもゆっくりと「日本酒の秋」をお楽しみください。

越の誉 秋酒 純米吟醸秋酒 ひやおろし
1800ml 2,810円(税込) 720ml 1,405円

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://oumigawa.com/bor_blog/mt-tb.cgi/91

コメントする

アーカイブ

お気に入りリンク

このブログ記事について

このページは、夢女将が2018年9月 4日 11:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「三年待ちました!壱醸シリーズ本格粕取り焼酎新発売。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.23-ja