いかがで酒の会 令和2年1月

開けましておめでとうございます。
今月、新年にふさわしいお酒に選んだ2本は
始まりと飛翔です。

■有りがたし 純米酒
 蔵元:越後杜氏の郷(上越市)
 日本酒本来の米の旨さを「有難く」味わる1本。
 低農薬で地元で育てた酒米・山田錦を、わずか10%だけしか磨いていません。
 従来の日本酒にはない米の生命力を感じさせる一本です。
 酒銘の名付け親はコピーライターの糸井重里氏。

■越の鶴 純米無濾過生酒 鶴飛千尺雪
 蔵元:越銘醸(長岡市)
 ラベルの漢詩は 禅の言葉で「鶴は千尺も積もった雪をけ破って天空に飛び立つ」
 という意味。
 異例の暖冬となった今冬ですが
 冬の清涼な雪原に奥深い意味を込めた言葉を
 味わいながらどうぞ。

毎月、会報「のんべえ毎日」とお酒の解説書付き
平成8年から毎月一回休まず続く歴史ある頒布会です。
会費は 3,980円(本州) 月720ml×2本 
季節の限定酒などを中心にお届けします。
※1個口なら会のお酒以外の同送のお酒の送料は不要です。
 

鮎正宗 純米吟醸生 初鮎.jpg

蔵内に湧き出る湧水仕込みのしぼりたて「初鮎」。
優しい甘さが心地よい酔いの世界に誘います。
新年にふさわしい若鮎のフレッシュさを思わせる口当たりをどうぞ。

鮎正宗 純米吟醸生酒 初鮎
■蔵元:鮎正宗酒造 (妙高市)


上弦の月 とは
月が満月に向けてこれから満ちていく月が「上弦の月」。
秋虫が草むらで鳴きはじめる頃佐渡の加藤酒造店さんから蔵出しされます。
自然栽培法の「越淡麗」を50%まで磨いて、香りのあるしっかりとした秋味の乗った
まさに秋酒の醍醐味を堪能できるお酒です。
ボトルも黒地に上弦の月を一つだけ配したシンプルなデザインが秀逸です。

9月中旬 佐渡市 加藤酒造店さんから蔵出し
只今ご予約受付けております。

純米大吟醸 上弦の月 720ml 税込み2,750円(10/1消費税分増額となります)

ご予約は 酒の新茶屋 フリーダイヤル 0120-980-885へどうぞ。

越の誉 ひやおろし.jpg

「ひやおろし」は、秋を告げるにふさわしい「旬の酒」です。
夏の酷暑を過ぎて野辺にススキの穂と名月が楽しめる頃

春の新酒がタンクの中で円やかに熟成するのがこの季節です。
酒通が一年で一番酒の旨い!と楽しみにしているのが「ひやおろし」。
その名前の由来は、
普通タンクから出すときにもう一度火入れ(春には一度火入れしています。)を
行うところ、そのまま生で瓶に詰めるから「生詰め」と言われ
秋の生詰めの日本酒が「ひやおろし」です。

その秋を楽しめる「ススキと名月」の図柄そのものの
風情をボトルラベルでも表現されています。

冷でも燗でもゆっくりと「日本酒の秋」をお楽しみください。

越の誉 秋酒 純米吟醸秋酒 ひやおろし
1800ml 2,810円(税込) 720ml 1,405円

壱醸 焼酎2.jpg

酒米「越淡麗」を50~21%にまで磨いた
新潟県内限定特約店のみの「壱醸」シリーズの本格粕取り焼酎が
三年の熟成期間を経てようやく発売されました。

新潟清酒の神髄を感じながら
新潟ならではの米焼酎の醍醐味を堪能してください。

三年熟成 壱醸 本格粕取り焼酎 42度 3,025円(税込)
三年熟成 壱醸 本格粕取り焼酎  25度 1,730円(税込)


2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

アーカイブ

お気に入りリンク

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.23-ja